トップページ > 商品・サービス > Information Worker Solutions > SharePoint Add-on Tools > ワークフローフィールド for SharePoint

Product & Service

Information Worker Solutions

ワークフローフィールド for SharePoint - SharePoint標準の列(フィールド)設定で使える。柔軟なワークフローをプログラムレスで構築。

ワークフローフィールド for SharePointは、SharePointのカスタムフィールドのパッケージです。
SharePoint標準の設定画面で操作でき、専用ツールや開発なしで、承認者や差し戻し先へのメール送信、アイテムの権限設定など、柔軟なワークフローを構築できます。

用語解説
お打ち合わせなどでよく使われる略語を解説します。

  • カスタムフィールド
    SharePointの標準APIを使用して開発した追加の列です。ファームにインストールすることで、標準機能の列と同様にリスト/ライブラリに使用することができます。

こんなとき、特にお勧めです!

ワークフローフィールドSharePointの画面例

すぐに使えるリストテンプレートが付属

ワークフローフィールド for SharePointをインストールすると、ファーム全体で利用できるカスタムフィールドとして追加されます。
サイト管理者が必要なときに、任意のリストで、SharePointのリストの設定画面から必要なワークフローを作成できます。
また、あらかじめワークフローフィールドが設定されているリストテンプレートが追加されるため、すぐにワークフローを運用することもできます。

必要な数だけフローを組める

リスト・ライブラリに、ワークフローフィールドの列をを追加してワークフローを構築します。
必要なステップの数だけ、ワークフローフィールドを追加します。

ボタンでフローを分岐できる

1つのボタンにボタンを複数設定できます。「承認」・「却下終了」・「差し戻し」など、フローを分岐し、次のフローに処理を継続させることができます。 次のフローのアクセス権限を設定・制御できるため、承認開始後の変更を防止するなどアイテムを適切に制御できます。

ワークフロー画面設定例

ドキュメントライブラリでの活用例

埋め文字で列の値を複写できる

処理の記述に埋め文字を使うと、電子メールやポップアップメッセージの本文や、処理対象の列に、任意の列の値を参照して複写することができます。

姉妹製品との連携でさらに便利に

階層表示ユーザーフィールド特定ユーザー選択フィールドログインユーザー情報フィールドなど、姉妹製品とともに使用することで入力画面をより柔軟・便利に利用できます。 連携できる姉妹製品は増加中です(別途お問い合わせください)。

設定できるアクション

各ワークフローフィールドに、開始時・ボタンクリック時・終了時のアクションを設定できます。

アクション 内容
メール送信 件名(Subject)、本文(Body)、差出人(From)、宛先(To)、CC、BCCを設定可能。
履歴追加 履歴フィールドに操作日時、操作者、操作内容、メッセージを追加。
処理遷移 次のワークフローフィールドに処理を遷移します。
処理終了 ワークフローを終了します。
処理リセット ワークフロー処理をリセットします。
権限追加 アイテムに権限を設定します。
権限編集 親の権限を継承している場合に、継承を解除します。
権限クリア アイテムに設定されている権限を削除します。親の権限を継承している場合は、継承が解除されます。
権限リセット アイテムの権限を、親の権限を継承するように設定します。
値設定 アイテムの列に値を設定します。
ユーザー設定 指定したユーザーフィールドに任意のユーザー情報を設定します。
アクセス制御 特定のフィールドのアクセス制御を設定します。フィールド単位で読み取り専用や、非表示にすることができます。
監査ログ出力 SharePoint監査ログを出力する処理の設定をします。
通常ワークフロー開始 リスト・ライブラリに設定されたSharePoint標準ワークフローを開始します。
通常ワークフロー取消 リスト・ライブラリに設定されたSharePoint標準ワークフローの処理を取り消します。
ドキュメントコピー ライブラリのドキュメントを指定したフォルダにコピーします。
ドキュメント移動 ライブラリのドキュメントを指定したフォルダに移動します。
ドキュメント削除 ライブラリのドキュメントを削除します。
アイテム移動 リストのアイテムを指定したフォルダに移動します。
アイテム削除 リストのアイテムを削除します。
ライブラリ呼び出し 事前に登録しておいたアクションの組み合わせ呼び出します。

ボタンアクション設定画面

ワークフローの操作履歴

いつ、誰が、何を操作したのか、履歴を表示します。

便利なアクション実行機能

ワークフロー以外でもアクションを実行することができ、どんな業務にもマッチさせることができます。

動作環境

お客様導入事例

Get Adode Reader
PDFファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。ダウンロードしてご覧ください。

このページのトップへ